モバイル&ワイヤレスブロードバンドでインターネットへ

gwaw.jp

Eee PC S101 を Windows10 から Ubuntu MATE へ

ASUS Eee PC S101 の OS を Windows10 から Ubuntu MATE (ウブントゥ マテ) へ変更することにしました。

Eee PC S101を 2009年9月に購入した時の OS は、WindowsXP でした。その年の10月に Windows7 にアップグレードして、そして 2015年8月に Windows10 へアップグレードしています。

Windows10 では、WindowsXP 並みの体感スピードでしたが、それでも、という感じでした。軽量の Lubuntu や Xubuntu なども検討していましたが、これらの派生元の Ubuntu の 32ビット版が提供されなくなるということも耳にしていましたので、やはり Windows 路線でいくしかないと考えていました。

ただ、20.04 LTS までは使えるとのこと、Ubuntu MATE をちょっと使ってみたら気に入ってしまったことから、Eee PC S101 に Ubuntu MATE をインストールすることにしました。

Eee PC S101 では、本体内蔵の SD カードスロットを BIOS の設定で起動ドライブにすることができますので、SD カードに Ubuntu MATE のインストーラーを作成し、また、念のために別の SD カードに Windows10 回復ドライブを作成します。

まず、念のために Windows10 回復ドライブを作成することにしました。8GB の空いている SD カードを使用しました。

Windows 10 のスタートメニューから「Windows システム ツール」内の「コントロールパネル」を開きます。そして「システムとセキュリティ」 、「セキュリティとメンテナンス」、「回復」と開いて、「回復ドライブの作成」へと進みます。

次に、Ubuntu MATE の iso イメージファイルをダウンロードします。

https://ubuntu-mate.org/download/

Eee PC S101 には、32ビット版を使用します。

ダウンロードした iso イメージを別の SD カードに書き込みます。Universal USB Installer を利用しました。

https://universalusbinstaller.com

なお、SD カードは、8GB のものを用意しました。

さて、ここまでで Eee PC S101 の Windows 上での最後の作業となりました。

Eee PC S101 本体内蔵の SD カードスロットに、この SD カードを差し込んだままにして、BIOS の設定で起動ドライブに指定して起動すると、インストールが可能となります。ちなみに、ここからインストールせずに起動することもできますので、まず試してみることもてきます。

『Eee PC S101 を Windows10 から Ubuntu MATE へ'』を公開しました。